後悔しないために!住宅展示場で聞く事・見るべきポイントとは?

注文住宅を作る際に、住宅展示場に行って実際にハウスメーカーが作っている住宅を見てみることは重要です。住宅設備や広さ、外観のイメージなどが体感できるため、具体的に家づくりのイメージを固めたり、気になるハウスメーカーの特徴を知ることができます。
また、住宅展示場に行くことで営業スタッフに話を聞くことができるので、それぞれのハウスメーカーがもつ得意分野・不得意分野などを知ることができる点もメリットと言えます。

住宅展示場で見るべきポイントは、大きさ・寸法です。通常、住宅展示場のモデルハウスは、グレードが高く作られていることが多いです。その点を踏まえた上で、間取りのサイズなどを確認します。大きさなどは営業スタッフに聞けばわかります。
吹き抜けが気になる場合には天井の高さ、収納ならスペースの寸法を測っておけば自分達の住宅に取り入れやすくなります。

工法もチェックしておきたいポイントです。在来工法は外壁・屋根・間取りなどさまざまな部分で自由度が高く、ツーバイフォーは壁・床・屋根を一体化させるような工法で気密性や耐震性などに優れています。どのような工法が良いかは、それぞれのメリット・デメリットも聞いて判断するように心がけましょう。

住宅性能も重要で、断熱性・気密性が省エネ性能にもつながっています。安心して暮らすためには、快適さだけではなく、耐震性・耐火性も重要ですので、災害にどれぐらい強いのかなども併せてチェックします。

見落としがちなのが動線です。家事だけでなく、朝忙しい時に家族はどんな動線で動くのかなどをイメージしながら歩きます。営業スタッフにも動線のこだわりなどを聞いてみると、住宅イメージのシミュレーションがしやすくなるでしょう。

営業スタッフに絶対に聞いておきたいことは、アフターサービスの内容と期間です。住み始めたときにトラブルがあっても、アフターサービスを利用できれば安心して暮らすことができます。

設備の標準仕様も聞いておきたい点で、モデルハウスはグレードが高くなっていることが多いため、標準仕様はどのような感じなのか、オプションをつけるとどうなるのかなどを聞いておくことで、グレードを上げたい設備、下げても良い設備などがわかります。

住宅性能表示制度のランクもチェックします。耐震性・耐火性、劣化しにくさなどを数字にしたもので、自分を住宅を建てる時にこの制度を利用すれば住宅ローンなどが優遇されるケースもあります。